Room In Sky

賃貸住宅での生活、メリット&デメリットは?

とにかくたくさん内覧をしよう!

賃貸住宅を契約する際には資料だけでなく、実際に建物を見せてもらいきちんと内覧しましょう。周りの環境や騒音、日の当たり具合なども生活していくうえで重要な要素となります。住居者は単身者が多いのかファミリーが多いのか、そのあたりも騒音の違いとなって現れることが少なくありません。子供の声や足音は意外に響くもので、苦手な方にとってはストレスになる場合もあるでしょう。駅からの距離も、自分の足で歩いてみることをお勧めします。資料に記載されているよりも時間がかかったり、反対に書面ではわからなかったことが発見できるかも?

「意外と可能なことも多い」って知ってます?

賃貸住宅で生活するには、細かい制約が多いと思っていませんか?確かに他人と共存していく賃貸住宅には、ゴミの出し方をはじめとしたルールがあることも多いです。中には退去時のことを考え壁紙に穴が開くのを躊躇し、画鋲すら使えないと思っている方もいます。「改造」と呼ばれるようなことは避けた方が無難ですが、普通に生活していくうえでのことは特に問題になりません。壁紙が日に焼けたりテレビの後ろの壁が黒くなるなど、敷金からは引かれることもないのです。

思い切って家賃交渉を!

1度入居してしまうと家賃交渉をしないまま、長い間住み続けている方がいます。更新時でなくとも、家賃を交渉すること自体は可能だということをご存知でしょうか?必ず家賃を下げてもらえる保障はありませんが、新築で入居した建物も10年経てばそれだけ古くなり、建物自体の価値も下がります。大家さんも空き家にしておくより家賃を下げてでも満室にしておいた方が良いと考えれば、家賃交渉に応じてくれる場合も少なくありません。

江別市の賃貸マンションは一戸建てと違って賃貸なので転職などで収入が減ってしまっても別の場所に住み替えることによって対応する事が出来ます。

家を解体する場合解体工事について知っておきたいこと

解体工事の費用について知っておこう

住宅を建て直す場合、そこにある住宅を一度解体工事する必要があります。解体工事をする時に気になるのはその費用についてですね。一般的に解体工事の費用は木造住宅なら1平方メートル当たり2万円から3万円程度、鉄筋住宅であれば3万円から4万円程度、鉄筋コンクリート住宅であれば4万円から5万円程度になります。ですが、以上は基本的な料金であって必ずしもその料金通りになるかと言えばそうではなく、その建物が建っている条件によって大きく変わってくるのですよ。

人件費も無視できない解体工事

解体工事であまり気にしていなかったことの一つに人件費がありますね。例えば、住宅地ではなく駅前の車と人通りの激しい道であれば、重機で解体作業をする場合には人通りの多い歩道の前で重機を左右に振り回さなければならないわけです。その時に安全の確保を目的として警備員を配備しなくてはならないのです。警備員は1人当たり1万円から1万5千円程度の人件費になりますので、人数×日数で計算すればおおよそ余分にかかる費用がわかります。また、工事車両の駐車場がない場合は有料駐車場の利用料金についても考えなければなりませんね。

歩道のガードレールを撤去することも!

駅前の道や商業地などの車や人の通りの激しい場所では、重機を入れる時や工事車両を入れる時にはガードレールが邪魔になってしまうことがあります。その場合には、市町村の許可を得てその通りにあるガードレールを一時的に撤去したり、電線が工事の邪魔をする時には電線を一時的に撤去することができるのです。もちろんそれによって費用が余分にかかってしまいます。つまり、人通りの多い場所や車の通りの多い場所は、普通の住宅地と比べると2倍ぐらいの費用が掛かることもあるので注意が必要ですね。

建物や足場などを建築するときに、柱と柱の間に斜めに差し込み補強する役割を果たす部材を筋交いといいます。そのため耐震性に優れ、建築基準法では一定の割合で使用することが義務付けられています。

持ち家を手に入れるために賃貸暮らしで準備しておくべきこと

頭金を貯めることを優先する

いつかは一戸建てやマンションを購入して持ち家の立場になりたいと考えながら賃貸アパート暮らしを続けている人もいるでしょう。そういった人は、持ち家になるための準備を意識しながら賃貸暮らしをすると自宅を手に入れる日が近くなるかもしれません。まず、頭金を貯めることを優先しましょう。家賃プラス頭金用の毎月の積立金額は、住宅ローン返済可能額の大きな目安になりますので、収入を増やすことも大切です。さらに、ボーナスはできる限り頭金の積み立てに回す努力が必要でしょう。

新居に役立つ家具や家電を購入する

実際に一戸建てを手に入れたりマンションを購入して転居すると、カーテンなどはすべて新しくするのが一般的です。しかし、家電や家具は流用できる可能性があります。しかし、まったく意識していないで賃貸アパートに合ったものを選んで購入していると新居で使うことができないかもしれません。新居に移った場合でも使えるものを意識して購入することが、持ち家を手に入れるためのコストを下げることにも繋がるので、家具や家電を購入する場合は注意するといいでしょう。

引っ越しを楽にするために物は増やさない

賃貸アパートに住んでいるうちに持ち家に移っても使えるものを購入するのは大切なことですが、そうはいってもすべてが流用できるわけではありません。そのため、賃貸アパート暮らしをしている間はできるだけ物を持たない、買わないという努力も必要かもしれません。そうすることによって、支出の削減につながりその分のお金を頭金に回すこともできますし、引っ越し作業が楽になったり、引っ越しコストを抑えることにも繋がるでしょう。

帯広の賃貸マンションでは、周辺環境に大変恵まれている物件が多く、素敵な環境の中でのんびりと暮らすことができます。

ページ:12345678