Room In Sky

賃貸アパート経営における確定申告のポイントとは

総収入金額に算入すべき収入金額とは?

賃貸アパート経営をすると定期的に安定した収入が得られる可能性が高くなりますが、毎年所得税の確定申告をする手間が必要になることは知っておく必要があるでしょう。賃貸アパート経営による所得は不動産所得に分類されますが、1月から12月の総収入金額から必要経費を引いて求めます。総収入金額には家賃収入を入れますが、それ以外にも、契約更新時に受け取る更新料や礼金、そして敷金のうち返済しないことが確定したものなどが不動産所得の総収入金額に算入されることになっています。

必要経費にはどんなものがあるか

家賃を主とした総収入金額にそのまま所得税が課税されるわけではありません。住人から連絡があって切れた電球を付け替えたり、経年劣化のために塗装し直したりする修繕費や管理人を置いている場合の人件費、減価償却費等の必要経費を総収入金額から差し引いた残りの金額が課税のベースになります。賃貸アパート経営の場合、建物取得で支出した金額は、その支出年の必要経費にすることはできず、減価償却という方法によって、使用している間の長期間に渡って分割して必要経費にしていく処理を行うことになるでしょう。

青色申告特別控除や損益通算も知っておこう

総収入金額から必要経費を引いたものから、さらに一定金額を控除できるケースがあります。それが青色申告特別控除です。青色申告の承認申請をして帳簿をつけたり貸借対照表を申告書に添付する等の要件を満たした場合には、10万円か65万円の青色申告等別控除が引けるでしょう。また、万が一赤字になった場合は、損益通算と呼ばれる処理で不動産所得の赤字を他の所得の黒字と相殺し所得金額を減らすこともできます。そういった一連の計算をした上で、毎年確定申告する必要があるでしょう。

函館市の賃貸を探しているならば、理想的な物件が必ず見つかります。まずは、家賃や間取りを絞って検索することが重要です。

Comments are closed.