Room In Sky

知っておくと役に立つ賃貸の保証に関するあれこれ

保証人がいない場合はどうしたらいい!?

賃貸住宅と言うと、20歳以上の人であれば一度ぐらいは借りたことがある人も多いのではないですか?賃貸住宅を借りる時は意外と簡単に借りれる賃貸物件と借りにくい賃貸物件もあることも知っているかもしれませんね。普通、賃貸物件を借りる時には保証人が必要になりますが、大学に入学する未成年の場合にはこの保証人は保護者であることが多いですが、ある程度年齢がいくと、親も定年を迎えていることが多いため、保証人として認めてもらえず、物件を借りることができなくなってしまうのです。

保証会社は審査が厳しい!

保証人がいない場合には、保証会社を利用するという方法がありますね。保証会社というには、保証人がいない人のために、その保証会社が保証人の代わりとして借主を保証してくれるというありがたい制度なんです。ところが、この保証会社は収入の面で不安がある人は保証をしません。それもそのはず、借主がお金を払えなくなった場合、保証会社がその肩代わりをしなければならないからですね。そのため保証会社が保証してくれる場合の審査も厳しいのが普通なんです。

保証人がいらない賃貸もある

もし、保証人が選出できず、しかも保証会社の審査も通らなかった場合は保証人を必要としない賃貸住宅に住むという方法があります。この場合、ほとんどがワンルームマンションですが、マンスリーマンションなどでは保証人を必要としないところが多いのですよ。マンスリーマンションの場合は保証人が要らないだけでなく敷金や礼金・更新料も必要としないため、初期費用が安く、しかも最初から必要な家具や家電が取り揃えられているためとても便利なのです。

一戸建ての場合はローンの審査などがあるのでいろいろと面倒ですが札幌市北区の賃貸マンションは賃貸ですのでローンの審査もなく一戸建てよりも面倒な事がありません。

Comments are closed.