Room In Sky

土地が手に入ったらどうする?初期投資の少ない活用法

手に入れてしまった土地の活用の可能性

相続や譲渡等、様々な理由で大小の土地が手に入ることがあるでしょう。そういったときに土地をそのまま持っているとそれだけで固定資産税を払わなければならないことから出費の種になってしまいます。土地活用をして資産を築くというのが良い方法ですが、そのためには十分な初期投資が必要になりがちです。しかし、実際にはとても小さな初期投資で固定資産税をまかなってもあまり得るような収入を期待できる活用法もあることを見逃してはならないでしょう。

安価に始められる貸しコンテナ

土地の大きさのいかんに問わず、安い初期投資で始められる運用法の一つが貸しコンテナです。実質的な初期投資はコンテナとセキュリティーシステムの手配だけであり、数十万円といった額で十分な質のものを準備することができます。大通りに面していたり、住宅街であったり、駅の側であったりすれば特に需要が高く、固定資産税と初期投資を取り戻すためと考えるのなら安価にできて競争に打ち勝つことも難しいことではないでしょう。

委託して任せやすい貸し駐車場

貸し駐車場経営をするというのも初期投資額を抑えられる土地活用法の一つです。立体駐車場ともなると費用がかかりますが、アスファルトで舗装されたものや土のまま利用する青空駐車場で月極駐車場を経営すれば初期投資額はわずかです。駐車場専門業者に依頼すれば月極駐車場だけでなくコインパーキングにすることも可能であり、その運営までも委託することができます。立地に応じた適切な運用の仕方や価格設定についても提言してもらえるため、準備をすることなく気軽に始められるのです。

旭川市の賃貸マンションは鉄筋コンクリートで造られていて強度があり、非常に頑丈な造りになっているので地震が起きたときでも安心です。

Comments are closed.