Room In Sky

知っておくと役に立つ賃貸の保証に関するあれこれ

保証人がいない場合はどうしたらいい!?

賃貸住宅と言うと、20歳以上の人であれば一度ぐらいは借りたことがある人も多いのではないですか?賃貸住宅を借りる時は意外と簡単に借りれる賃貸物件と借りにくい賃貸物件もあることも知っているかもしれませんね。普通、賃貸物件を借りる時には保証人が必要になりますが、大学に入学する未成年の場合にはこの保証人は保護者であることが多いですが、ある程度年齢がいくと、親も定年を迎えていることが多いため、保証人として認めてもらえず、物件を借りることができなくなってしまうのです。

保証会社は審査が厳しい!

保証人がいない場合には、保証会社を利用するという方法がありますね。保証会社というには、保証人がいない人のために、その保証会社が保証人の代わりとして借主を保証してくれるというありがたい制度なんです。ところが、この保証会社は収入の面で不安がある人は保証をしません。それもそのはず、借主がお金を払えなくなった場合、保証会社がその肩代わりをしなければならないからですね。そのため保証会社が保証してくれる場合の審査も厳しいのが普通なんです。

保証人がいらない賃貸もある

もし、保証人が選出できず、しかも保証会社の審査も通らなかった場合は保証人を必要としない賃貸住宅に住むという方法があります。この場合、ほとんどがワンルームマンションですが、マンスリーマンションなどでは保証人を必要としないところが多いのですよ。マンスリーマンションの場合は保証人が要らないだけでなく敷金や礼金・更新料も必要としないため、初期費用が安く、しかも最初から必要な家具や家電が取り揃えられているためとても便利なのです。

一戸建ての場合はローンの審査などがあるのでいろいろと面倒ですが札幌市北区の賃貸マンションは賃貸ですのでローンの審査もなく一戸建てよりも面倒な事がありません。

土地が手に入ったらどうする?初期投資の少ない活用法

手に入れてしまった土地の活用の可能性

相続や譲渡等、様々な理由で大小の土地が手に入ることがあるでしょう。そういったときに土地をそのまま持っているとそれだけで固定資産税を払わなければならないことから出費の種になってしまいます。土地活用をして資産を築くというのが良い方法ですが、そのためには十分な初期投資が必要になりがちです。しかし、実際にはとても小さな初期投資で固定資産税をまかなってもあまり得るような収入を期待できる活用法もあることを見逃してはならないでしょう。

安価に始められる貸しコンテナ

土地の大きさのいかんに問わず、安い初期投資で始められる運用法の一つが貸しコンテナです。実質的な初期投資はコンテナとセキュリティーシステムの手配だけであり、数十万円といった額で十分な質のものを準備することができます。大通りに面していたり、住宅街であったり、駅の側であったりすれば特に需要が高く、固定資産税と初期投資を取り戻すためと考えるのなら安価にできて競争に打ち勝つことも難しいことではないでしょう。

委託して任せやすい貸し駐車場

貸し駐車場経営をするというのも初期投資額を抑えられる土地活用法の一つです。立体駐車場ともなると費用がかかりますが、アスファルトで舗装されたものや土のまま利用する青空駐車場で月極駐車場を経営すれば初期投資額はわずかです。駐車場専門業者に依頼すれば月極駐車場だけでなくコインパーキングにすることも可能であり、その運営までも委託することができます。立地に応じた適切な運用の仕方や価格設定についても提言してもらえるため、準備をすることなく気軽に始められるのです。

旭川市の賃貸マンションは鉄筋コンクリートで造られていて強度があり、非常に頑丈な造りになっているので地震が起きたときでも安心です。

どんなやり方があるの?不動産会社への連絡方法

メールよりも電話の方が確実

ネットなどで物件情報を検索して、目星の部屋が見つかったら、不動産会社に連絡を入れますよね。その際、連絡の入れ方としてメールと電話という方法がありますが、どちらかといえば電話で連絡を入れた方が手っ取り早いかもしれません。メールは24時間対応で確かに便利ですが、たとえば不動産業界の繁忙期などはいい部屋があってもすぐに契約が決まってしまったりなど、スピードが肝心になります。そのため、気に入った部屋が見つかったら、電話で連絡を入れて、すぐに予約を入れた方が確実なのです。

メールで問い合わせる時は

しかし、いきなり電話で問い合わせるのは気が引ける、という場合もありますよね。そこで、メールで問い合わせようとするとき、覚えておくべきコツのようなものがあるのです。メールで問い合わせると、後日折り返して不動産会社から電話が来るのですが、メールで問い合わせた時に、ただ便宜上の連絡を入れるだけではなく、「見学がしたい」とか「空きの状況が知りたい」などの言葉を添えると、その後の電話対応がスムーズになってやりやすくなります。また、物件情報と言うのはサイトに載っているものがすべてではないので、「もし他にも同じ条件の物件があれば…」というように、ネットには掲載されていない情報を聞き出しておくのもひとつの手です。

不動産会社はどれが良いか

物件情報を閲覧していたりすると、複数のサイトに同じ物件情報が載っていたりしますよね。こういう場合、どの不動産会社に連絡するのが良いのか迷ったりすることもあるでしょう。そういう場合は、まずどの不動産会社が自分に合っているのかを知る必要があります。物件情報のすぐそばに各不動産会社のリンクが張ってあるはずなので、その不動産会社が大手の会社なのか小さな会社なのかを調べたり、また立地が駅の近くにあるかどうかや返信の速さなどを鑑みて、自分に合っている不動産会社を探してみましょう。

ファミリータイプの札幌の賃貸マンションを選ぶ場合には、リビングの広さを重視するべきです。また収納スペースの広い物件であれば、快適に暮らせます。

ページ:1234