Room In Sky

住宅の寿命を延ばす!外壁塗装のメリットを考えよう

壁の結露はカビが発生する原因になります

日本には窓が結露してしまって悩んでいる家庭も多いでしょうけれど、中には窓だけでなく壁まで結露が起きて困っている家庭もあるのです。その結露が発生する原因は、住宅を建てた時の外壁塗装の品質が悪かった事にあるのかもしれません。リフォームで行う最新の外壁塗装であれば、透湿性に優れた塗料を使ってくれるので安心出来ますよ。水分はしっかりとカットをしながら、湿気は通してくれるので結露が起きにくくなってくれるのです。

外壁に起きた僅かなヒビ割れにも注意が必要です

住宅の外壁をチェックした際に、僅かではあるけれどヒビ割れが起きている家庭は注意が必要です。まだヒビ割れが小さいのだから外壁塗装をやり直す必要は無いと考えていると、そのヒビから次々と雨水が浸入してきてしまう可能性があります。それによって壁の中にまで水分が入り込んできて、住宅の柱を腐らせてしまう原因になりかねません。僅かなヒビ割れに合わせて、費用の少ない外壁塗装を行う事も可能ですから、住宅の寿命を延ばす為にも塗装をし直してみてください。

砂汚れも積み重なって取れにくくなる事があります

砂汚れや泥汚れなどの住宅の壁に付着しがちな汚れは、放置していると段々と頑固な汚れに変化していってしまう可能性もあります。その頑固さは恐ろしいもので、毛先が硬いブラシでゴシゴシと磨いても汚れが取れない事もあるぐらいです。そういった汚れを住宅の外壁に作ってしまわない為にも、セルフクリーニング効果のある外壁塗装を施しておく様にしましょう。塗装の効果によって、もし汚れが積み重なったとしても直ぐに汚れが落とせる様になりますよ。

外壁塗装なら鎌ヶ谷をおすすめする理由は、たくさんの塗装会社が存在していますから選択肢が豊富な上に、紫外線に強い塗料を扱っているからです。

老後の生活は賃貸で!新しい趣味を持てる住宅

老後の仲間探しをしやすくなる賃貸

老後の生活を楽しく過ごせるか考えた際に、自宅の近辺で同じ趣味を持った仲間探しが出来る様な環境はあるかチェックしてみてください。高齢者に人気のある住宅というのは、スポーツ仲間などを探しやすい様な環境が直ぐ近くにあるものです。ゲートボールが遊べる公園や、ランニングコースが近くに充実している賃貸を探す事がオススメですよ。そういった賃貸で生活を始めるだけで、老後に寝たきりで退屈に過ごす時間を大幅に減らす事が出来ます。

新たな趣味として農業を始められる賃貸

以前は農家の方々が使っていた住宅の中には、現在は賃貸物件として取り扱われている住宅もあります。そういう物件を借りた際には、農作業用具や畑などがセットで借りられる事も珍しくありません。老後の生活をのんびり過ごしたいと考えている方々に人気の物件であり、農業を趣味として始めてみたい方にぴったりですよ。広い畑を全て使う必要がある訳ではないですから、自分達が趣味として楽しめる範囲で農作業を行っていく事をオススメします。

病院から近い住宅に引っ越す事で気持ちを楽にする

現在生活している住宅が病院から離れすぎているせいで、病院に通うのも苦痛だと感じている方は居られませんでしょうか。そういった苦痛を感じているとストレスばかりが溜まってしまい、病状が更に悪化するという事になりかねません。老後の生活を快適に過ごしたいのであれば、なるべく病院から近い賃貸を選ぶというのも賢い選択肢の一つです。もし病気で倒れてしまった時にも、直ぐに治療を受けられるという点で家族にも安心感を与えられますよ。

札幌はとても人気がある都市です。そのために札幌の賃貸は数が多く、選択肢が豊富ですからおすすめできます。

お得に耐震リフォーム!充実しつつある補助制度の仕組み

耐震改修リフォーム工事に対する補助制度

耐震性能が不足している住宅で、耐震改修リフォーム工事を行う場合には、国と自治体が、そのリフォーム工事費用の一部を補助してくれるという制度があります。この補助の対象となるのは、いわゆる旧耐震基準で建てられている住宅、具体的には、1981年5月31日以前に建てられた木造住宅ということになります。そうした住宅の中で、耐震診断を行った結果、現行の基準に照らして、耐震性能が不足していることが判明した住宅が、補助の対象となります。耐震性能に不安をかかえながら、こうした住宅に住んでいる人はたくさんいますので、こうした制度を積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

補助の対象となる工事

耐震改修リフォームで補助金を受け取ることができるのは、旧耐震基準で建てられた木造住宅を、現行の建築基準法に適合する水準にまで引き上げるための工事です。ただ、近年の傾向では、旧耐震基準によって建てられた住宅にとどまらず、2000年の建築基準法の改正前に建てられた住宅までを対象に加えている自治体も出てきました。また、建て替え工事までを補助の対象に加えたり、空き家対策として、除却費用を補助の対象に加えるようになった自治体も増えてきていて、選択の幅も大きくひろがってきています。

さらに充実しつつある補助制度

耐震改修リフォーム工事に対する補助金は、一般住宅の場合、国、地方自治体の交付率が、それぞれ11.5パーセントとなっていて、交付対象限度額は、1平方メートルあたり33500円となっています。さらに、密集市街地内の延焼の危険性が高い建物で防火改修工事をあわせて行う場合には、その交付限度額が1.5倍になるため、大変お得に現在住んでいる住宅の性能をアップすることができます。また、緊急輸送道路沿道や避難路沿道にある住宅の場合には、補助率が国と自治体をあわせて3分の2以上になる場合もあります。心配しながら暮らすよりも、まずは、設計事務所などに相談してみるといいでしょう。

建材や設備の販売、施工や保障を一つのパッケージとして、インターネットを活用して定額で一体的にサービスを提供するリフォームもあります。オンライン取引をすることによりコストダウンが図れるのがメリットです。

ページ:123