Room In Sky

マンションのキッチンをリフォーム!成功させるためのポイント

リフォームで改善したいこと

マンションのキッチンは一戸建てと違い、狭くて暗い、収納が少ない、風通しが悪い、などの声をよく耳にします。窓が限られてしまうマンションでは採光や風通しはどうしても悪くなってしまうのです。このような悩みを解決するためには、システムキッチンを入れ替えればそれで済むというものではありません。広さを変えるためには間取りの変更やレイアウトから変える必要があります。配管の位置などを考慮しなければならないので、マンションならではのリフォームが求められるのです。

リフォームの前に確認しなければならないこと

マンションにはそれぞれの規約が定められいるので、リフォームする前に規約を確認する必要があります。規約にのっとった工事をすることが大前提となります。意外と見落としてしまいがちなのが、電気の容量やコンセントの位置や数です。そんなところまで考えなくてはいけないの?と思うかもしれませんが、リフォームが終わってから、新しい電機製品を購入して使えない!などのトラブルを防ぐ上でとても重要なことなんですよ。どの様な電気製品をどこに置くかまでしっかり考えておきましょう。

ワンポイントアドバイス

一般的にL型のキッチンは調理スペースを広く使いたい人には不向きなのでオススメできません。使いやすい調理スペースは45センチの幅はほしいですね。冷蔵庫の大きさも要チェックで、せっかく新しい冷蔵庫を買っても通路が狭くて入れられないということもありえます。次に大きな冷蔵庫を買ったときのために、広さに余裕を持てるとなおいいですね。最近はゴミの分別が進んでおり、どこにゴミ箱を置くかもしっかりと考えておきましょう。

マンションリフォームするなら見積もりから工事まで責任を持って実施してくれる工務店に任せてみましょう。

Comments are closed.