Room In Sky

持ち家を手に入れるために賃貸暮らしで準備しておくべきこと

頭金を貯めることを優先する

いつかは一戸建てやマンションを購入して持ち家の立場になりたいと考えながら賃貸アパート暮らしを続けている人もいるでしょう。そういった人は、持ち家になるための準備を意識しながら賃貸暮らしをすると自宅を手に入れる日が近くなるかもしれません。まず、頭金を貯めることを優先しましょう。家賃プラス頭金用の毎月の積立金額は、住宅ローン返済可能額の大きな目安になりますので、収入を増やすことも大切です。さらに、ボーナスはできる限り頭金の積み立てに回す努力が必要でしょう。

新居に役立つ家具や家電を購入する

実際に一戸建てを手に入れたりマンションを購入して転居すると、カーテンなどはすべて新しくするのが一般的です。しかし、家電や家具は流用できる可能性があります。しかし、まったく意識していないで賃貸アパートに合ったものを選んで購入していると新居で使うことができないかもしれません。新居に移った場合でも使えるものを意識して購入することが、持ち家を手に入れるためのコストを下げることにも繋がるので、家具や家電を購入する場合は注意するといいでしょう。

引っ越しを楽にするために物は増やさない

賃貸アパートに住んでいるうちに持ち家に移っても使えるものを購入するのは大切なことですが、そうはいってもすべてが流用できるわけではありません。そのため、賃貸アパート暮らしをしている間はできるだけ物を持たない、買わないという努力も必要かもしれません。そうすることによって、支出の削減につながりその分のお金を頭金に回すこともできますし、引っ越し作業が楽になったり、引っ越しコストを抑えることにも繋がるでしょう。

帯広の賃貸マンションでは、周辺環境に大変恵まれている物件が多く、素敵な環境の中でのんびりと暮らすことができます。

マンションを購入したい!買い方の3つのポイント

マンション用地は過去どんな土地だったのか?

いつかはマンションを購入したいと決意し、いよいよ頭金も貯まってきたのでいざ購入物件を選ぼうという段階になると、多くの候補物件があって悩むことでしょう。少なくとも買ってから後悔しないようにしたいと考えるのが人情です。近年は自然災害が多くなっていると言われているため、マンションの建物だけでなくその地盤についてもよく確認したいものです。過去の地名kら推定したり、過去の地図等を使って昔は沼や川だったところを埋め立てたのか等について確認する必要があるでしょう。

壁と床の厚みの情報から防音効果を確認する

マンションを購入後に気になる問題の一つとして騒音があります。隣戸や上下階からの騒音については、壁や床そして天井のコンクリートの厚さや二重床かどうかによってずいぶん変わってきます。モデルルーム等でそういった情報を展示しているところもありますし、設計図書を手に入れることによってしっかり確認をするのが望ましいです。多くの物件を見ることによって優劣の基準がわかってくるはずです。寝室として考えている部分の壁の厚さは特によく確認しておくべきでしょう。

モデルルームは情報の宝庫

マンションの賢い買い方は、モデルルームでの情報収集を上手くやることが重要です。多くのモデルルームは、オプションを含め家具も配置されている場合が多いので、それらの情報をカットして冷静に見ることが必要です。また、部屋を見るだけでなく、展示されている様々な情報が役に立つはずです。特にジオラマが展示されている場合は、周辺環境のイメージを把握することに役に立ちますので、購入対象物件の部分だけでなく周辺の建物や空き地や道路との関係をよく見ておく必要があるでしょう。

新築マンションを購入する際に確認しておくべき点がいくつかあります。最低限、騒音防止の為の遮音性や耐震性能、防犯面においてチェックが必要です。

マンションのキッチンをリフォーム!成功させるためのポイント

リフォームで改善したいこと

マンションのキッチンは一戸建てと違い、狭くて暗い、収納が少ない、風通しが悪い、などの声をよく耳にします。窓が限られてしまうマンションでは採光や風通しはどうしても悪くなってしまうのです。このような悩みを解決するためには、システムキッチンを入れ替えればそれで済むというものではありません。広さを変えるためには間取りの変更やレイアウトから変える必要があります。配管の位置などを考慮しなければならないので、マンションならではのリフォームが求められるのです。

リフォームの前に確認しなければならないこと

マンションにはそれぞれの規約が定められいるので、リフォームする前に規約を確認する必要があります。規約にのっとった工事をすることが大前提となります。意外と見落としてしまいがちなのが、電気の容量やコンセントの位置や数です。そんなところまで考えなくてはいけないの?と思うかもしれませんが、リフォームが終わってから、新しい電機製品を購入して使えない!などのトラブルを防ぐ上でとても重要なことなんですよ。どの様な電気製品をどこに置くかまでしっかり考えておきましょう。

ワンポイントアドバイス

一般的にL型のキッチンは調理スペースを広く使いたい人には不向きなのでオススメできません。使いやすい調理スペースは45センチの幅はほしいですね。冷蔵庫の大きさも要チェックで、せっかく新しい冷蔵庫を買っても通路が狭くて入れられないということもありえます。次に大きな冷蔵庫を買ったときのために、広さに余裕を持てるとなおいいですね。最近はゴミの分別が進んでおり、どこにゴミ箱を置くかもしっかりと考えておきましょう。

マンションリフォームするなら見積もりから工事まで責任を持って実施してくれる工務店に任せてみましょう。

ページ:123